Exchange

クレジットカードでドル払いはお得か?
pCloudなどの海外製品で。

ダウンロードGoGo!で取り扱っている商品は、その多くが海外製品です。

いくつかは公式サイトでは日本円で購入できないタイプのもので、アメリカドルで支払う必要があります。

「クレジットカードかPayPalで払えばいいじゃん」

その通りなんですが、実は結構高くつくんですよ。知ってました?

クレジットカードの場合、外貨決済手数料として2〜3%が上乗せされています。

PayPalに至っては4%も上乗せされているのです。

つまり、例を挙げると1ドル130円の場合。

クレジットカードの利用明細では、2〜3%上乗せされるので、132円か133円で計算されています。pCloud 2TB 買い切り版は公式サイトで350ドルですが、

130円の場合:45,500円

132円の場合:46,200円

たった2円ですが、実は700円も違うんです。
10TBカスタム版なんて990ドルなので、2円違うだけでも1,980円の差額が出ます。
もし円安で数日前から3円ほど上がっていたとして、外貨決済手数料も2円上乗せされていた場合、合計5円余計に掛かることになり、なんと4,950円もの差額が生じるのです。

ダウンロードGoGo!では、そのあたりを配慮しつつ日本円での決済ができるようになっています。

まず、外貨決済手数料は必要ありません。この時点で、公式サイトで購入するより、2〜3%くらい安くなっています。

また、為替レートも同額または3〜4円くらい安いところで日本円に換算しているので、たとえばpCloud 10TBなら、最大3,960円くらいまでお買い得価格になっています。その日の為替相場によってお得感は違いますし、差額が大きくなりすぎた場合は価格変更を実施しますが、できるだけお得に買っていただけるよう配慮しています。

「でも、公式で買った方が安心じゃないの?」

同じ商品名のソフトを買ったのに、「あっちはダメ」「こっちはOK」というのでは、お客さまに迷惑をかけてしまう。その思いがあって、ダウンロードGoGo!ではメーカーと直接契約を行い、当店で購入したソフトはメーカーと同じサポートを受けられるようにしてあります。

*セール等販売企画などは連携していません。あくまで商品の品質の話です。

メーカー公式の特価セールの時に大量購入したり、プレゼント懸賞などの当選品を転売する、またはそういった卸売業者から仕入れたものを販売する小売業者の存在が業界内でも問題になっていて、メーカーによってはシリアルを無効化したり、サポートを打ち切ったりする事例もあります。

20年以上ソフト販売を手がけている私たちは、実のところ、具体的な事例集の本が1冊書けるほど見てきているので、こうした問題への取り組みとして、メーカーとの販売連携を推進しています。

どうぞダウンロードGoGo!で海外メーカーのソフトウェアを日本円で決済し、安心してご利用ください。

ぜひ日本円決済でお楽しみください!