僕の選んだExcire Fotoには、

最高の人工知能が備わっていました。

人工知能搭載の写真整理ソフト
写真を取り込んだら勝手に仕分けてくれて、
膨大な写真からでもピンポイントで探し出してくれる。
人工知能がスマートにあなたの写真を管理してくれます。
人工知能が写真解析、自動でタグづけ
大量に写真を持っていても、1枚1枚に手動でタグ付けしていくのは事実上不可能です。この時点で、多くの写真整理ソフトは、せっかくの能力の半分も使い切れていないのです。

Excireなら、人工知能が写真を解析してくれます。
ボケのある写真。明るい写真。
子ども。目が見開いている。顔。女性。正面の顔。
1人の顔。人物。ポートレート写真。笑顔。……
何十万枚もの写真1枚1枚に、タグとして自動的に追記されます。
人工知能で顔検索
たとえば10万枚の写真の中から、女の子が笑っている写真だけピックアップすることができますか? これも目視で選別していたら、時間が幾らあっても足りません。

Excireなら、膨大な写真の中から顔の特徴だけで選んでくれます。
1人で写っている写真か、それとも複数で写っている写真か。
赤ちゃん・幼児、子ども、若者、成人、高齢者。
男性・女性。
笑顔の有無。
ほんの一瞬で、イメージに合う写真をピックアップします。
人工知能で同一人物探し
卒業式の集合写真。同じ人の写っている別の写真を見つけたい……そんなときもExcireの人工知能が助けてくれます。

精度も素晴らしく、同じような色の服を着た人物、似た髪形の人物、よく似た顔立ちの人物などで確かめても、正確に区別していました。
人物以外に、似た構図の写真を探すことも可能です。

クリックすると拡大します。

独リューベック大学

学内ベンチャーが開発しました。

Excireは、独リューベック大学の人工知能研究チームが立ち上げた学内ベンチャー企業が開発を行っています。


世界最先端の人工知能を取り入れたExcireは、現段階でも驚異的な写真解析・検索能力を持っていますが、今後もバージョンアップを重ねていくことで、より多機能化、多分野化していくことが公式に表明されています。


大学で研究が進められ、

その結果がExcireにアウトプットされていきます。

Excireの今後の展開にもぜひご注目ください!

その他の優秀な機能群

人工知能検索はこちら

人工知能で検索する場合は、一覧画面の右上アイコンからいつでも呼び出せます。


鍵マーク:タグ検索

顔マーク:顔検索

人マーク:同一人物検索

虫眼鏡マーク:似た写真の検索

豊富な検索機能

検索機能は豊富に用意されています。

上段に検索用メニューが用意されていて、レーティング、カラーラベルやフラッグ、撮影機材のメタデータ、撮影日など、アドビのLightroomの操作感に合わせた検索機能が搭載されています。

人工知能に頼らない手動でのピックアップにも優れています。

メタ情報

撮影機材の情報などは、EXIFメタ情報として格納されています。

Excireではこれらの機材情報から写真をピックアップすることもできます。

左の写真で、各項目のところに青い虫眼鏡のマークがあり、これをクリックすると、同じ内容の写真を抽出することができます。


メタ情報は、その他、IPTCプロファイルを編集することができます。

大事な写真を丁寧に管理したい方は、ぜひご活用ください。

フォルダ単位で登録

写真整理ソフトは、ライブラリという独自ファイルに写真を登録して管理するのが一般的です。

しかし、この方法だと写真ファイルを好きなところに移動できず不便です。また、別のソフトで写真を使いたい場合は、その都度デスクトップなどに写真を取り出す必要があるのも面倒です。

特にDTPを手がける人などは、写真データを作業フォルダごとに保管する人も少なくないので、そういった方にとってライブラリ形式は不満に思う局面が多いかも知れません。


Excireは、PC内に散在する写真フォルダを、そのままの場所で読み込めます。

作業案件ごとにフォルダ分けしている場合や、個人と仕事で分けている場合などで役立ちます。

また不要なハードディスク監視をしないので、写真を移動させたり、画像加工ソフト等で変更した後は再登録すると変更が反映される仕様です。

コレクション

取り込んだ写真群を、独自にグループ分け、さらにコレクション分けすることができます。

実際の写真フォルダに影響を与えず、Excireでの管理上だけで仕分けることができるので、とても便利です。「令和2年の新年会」とか「2022年親戚一同」など、行事ごとに分けたりして管理すると便利です。

今後も開発が続けられます。

Excireは、必要十分な写真整理ソフトの機能を備えつつ、人工知能の機能も取り入れた、非常に優れたソフトです。

一番注目すべきは、写真を解析して自動でタグを割り当ててくれるというところ。

前述のとおり、他社製の写真整理ソフトでは、写真1枚1枚に手づからタグを入力していく……という気の遠くなる作業を経なければ、写真整理ソフト本来の力を発揮できない状況でした。Excireであれば、人工知能が自動でタグを付けてくれるので、写真整理ソフト本来の力を申し分なく発揮してくれます。


こうした人工知能を上手く利用したアプローチは、まさに人工知能を知り尽くした彼らだけの持ち味です。

今後の開発継続にも意欲的で、多くの機能拡張・多機能化が予定されています。

Excireシリーズの今後の展開に、ぜひご期待ください。

ラインナップ
Adobe Lightroomのプラグインとして機能するバージョンもご用意しています。
バンドル版
セット販売でお得
Sale Off
Excire Bundle
¥12,870
¥12,870¥12,870
アプリ版
一番人気
Sale Off
Excire Foto
¥8,970
¥8,970
プラグイン版
Lightroomで使えます
Sale Off
Excire Search 2 for Lightroom
¥8,970
¥8,970

詳しい動作環境・仕様・ライセンス等の情報は、

ダウンロードGoGo!の商品ページをご確認ください。

Excireのよくあるご質問
Excire関連のご質問をまとめました。
この他にあれば、ぜひチャット等でご質問ください。
購入の際、Windows版とMac版は区別されていますか?
区別されていません。
Excireは、Windows版とMac版の両方のインストールプログラムが提供されます。
インストール可能な台数は?
合計3台までインストールできます。
日本語化されていますか?
現時点ではドイツ語と英語のみ対応です。
将来的には日本語にも対応する可能性があります(今後のユーザ数次第)。
なお、コレクション名やタグなどを日本語で入力すればそのように表示されます。
パソコンを買い替える場合など、手続きは必要ですか?
パソコンからアンインストールしたうえで、別のパソコンへインストールを行ってください。
それでも上手くインストールできない場合は当店までご相談ください。
Excireはインターネットを使いますか?
最初のライセンス認証時以外ではインターネットでの通信を行いません。
Excireの人工知能は、ソフトの中に格納されており、外部通信を一切行いません。
写真を解析したデータなども、一切外部には送信しない設計です。
人工知能をトレーニングすることはできますか?
Excireはインターネットを使わない仕様のため、ユーザ自身の手でトレーニングをすることはできません。
今後のアップデート方針について教えてください。
細かなアップデートは無料で受けとることができます。
メジャーアップデート(Excire Foto2など)の場合は有料となりますが、既存ユーザは優待価格で受け取ることができます。
今後の予定としては、写真解析の精度向上、写真ピックアップの方法拡充、またかんたんな画像加工機能も搭載する方針とのことです。