pCloud

クラウドアワード2023

受賞のご報告

このたび、クラウドストレージ pCloud が、日本社会に対し優秀かつ社会に有益な影響を与えたサービスであることを賞するクラウドアワード2023において、初ノミネートで審査委員会賞を受賞しました。

クラウドアワードとは?

クラウドアワードは、クラウドサービスの業界団体としては最大規模を誇る日本クラウド産業協会が主催し、総務省や東京商工会議所などが後援している、日本国内のクラウドサービスを対象とした中で極めて権威ある賞です。この賞は日本のクラウド業界の発展を促し、社会に寄与するサービスを顕彰するために設立されたもので、2023年で17回目を迎えます。

受賞について

ダウンロードGoGo!の運営会社であるノイテックス有限会社は、世界のさまざまな国と地域のPCソフトやクラウドサービスを発掘し、日本上陸を手掛けるソフトウェア専門の輸入販売商社です。pCloudをはじめとする、多くの海外製ソフトウェアのプロモーションを手掛けています。

中でもとりわけpCloudに関しては、日本上陸から二人三脚で走り抜けてきた強い信頼関係があって現在に至ります。2023年3月に取得した「ASP・SaaSの安全、信頼性に係る情報開示認定制度」では、pCloudが日本のクラウドサービスとしても必要十分な信頼性を備えていることが広く世間に向けて確認されました。それに続くクラウドアワード2023において、日本社会に有益な影響を与えているクラウドサービスであることを表彰していただく運びとなり、pCloud社ならびにノイテックス有限会社にとって、ひとかたならぬ栄誉であると感じています。
pCloud社ならびにノイテックス有限会社は、審査委員会賞受賞への喜びを分かち合いながら、今以上に多くの日本ユーザの皆さんと一緒に、クラウドストレージの新形態、データ活用社会の革新を広めていく活動を行っていきたいと決意を新たにしています。

今回受賞したpCloudはこちらです。

pCloudシリーズ

Sale Off
pCloud 500GB
¥758
Sale Off
pCloud 2TB
¥1,518
Sale Off
pCloud 10TB 買い切り版
¥180,880
Sale Off
pCloud Encryption (pCloud Crypto)
解説

買い切り版が人気の秘密

pCloudシリーズで最も人気のあるものが、このpCloud 2TB 買い切り版です。
一度購入すれば追加料金不要でずっと使い続けることが可能です。
Sale Off
pCloud 2TB
¥1,518

日本において、pCloudの人気の秘密は買い切り版があること。
99年、または契約者の一生涯のうち、どちらか短い方の期間、追加料金なしでずっと使い続けることができます。


「でも一生涯もpCloudは続くの……?」


pCloudの買い切り版の価格は、10年分や20年分の費用ではなく、わずか4年未満使い続ければ回収できるほど、低価格です。損得の分岐点はかなり短いのです。
日本のノイテックス有限会社もあと1年ちょっとで創業25年に達しますが、これまでソフトウェア一本で経営している企業です。そんな私たちが、pCloudと日本ユーザの掛け橋になることで、日本語化の実現や、今回のようなアワード受賞などを達成しつづけており、今後も変わらずサポートを続けていく方針です。

もちろん、pCloud自身も長期運用を前提に経営しているので、そのための体制構築に余念がありません。彼らの誇る画期的な経営システムこそが、pCloudの永続的なサービス提供の鍵なのです。


pCloudのセキュリティとプライバシー

セキュリティとプライバシー

pCloudのもうひとつの魅力といえば、高いセキュリティ性能とプライバシー保護への取り組みです。

pCloudでやり取りされるファイルは、2の256乗通りもの暗号化パターンから1つを作り出され、保護されます。これは全宇宙で確認されている原子の総数をはるかに上回るとされています。
これで安心できない方は、pCloud Encryptionを。世の中に「絶対」という言葉はありませんが、限りなくそれに近いレベルのセキュリティを提供しています。

pCloudは、GDPR完全準拠のプライバシー保護を保証しています。保管ファイルはもちろん、お客さま情報も徹底して守られています。
特にpCloud Encryptionで用いられる暗号化解除パスワードは、ゼロナレッジという仕組みを導入することで、pCloudさえも知り得ない、本当に当人しか知ることのできないパスワードで運用することのできるソリューションとしてご提供しています。
ASP・SaaSの安全、信頼性に係る情報開示認定制度
2023年3月には、
ASP・SaaSの安全、信頼性に係る情報開示認定制度
を取得しています。
pCloudが取得した

ASP・SaaSの安全、信頼性に係る情報開示認定制度とは?

ASP・SaaSの安全、信頼性に係る情報開示認定制度の認定証
ASP・SaaSの安全、信頼性に係る情報開示認定制度は、日本国内で展開するクラウドサービスを、学者や有識者らで構成される審査機関がサービスの開示情報を精査し、認定する制度です。

「プライバシーを保護するって本当にやってるの?」
「サービス途中で終了して撤退するんじゃないの?」

そんな心配事に対し、日本の学識経験者らが、運営実態や開示情報の整合性などを審査し、認定しています。
審査項目は100以上、提出資料は300ページを超え、pCloud社はもちろん、日本で展開するノイテックス社の決算情報や取り組み状況も審査対象に含まれています。いわゆる簡易な審査ではなく、膨大な時間と労力・負荷を掛けて得られる、非常に意味の重い認定制度となっています。
これからのpCloud

日本社会の一員としてできること。

pCloudの挑戦は続きます。日本においても、社会インフラの一翼を担いつつあることを認識しており、より強度なセキュリティとプライバシー保護への取り組みを念頭に、皆さまのインターネット生活の安全と安心を確保していく覚悟です。
pCloud Logo

よくあるご質問

pCloudはどこのサービスですか?

スイス発祥のサービスです。
日本ではノイテックス有限会社が販売代理店を務めています。

ノイテックス有限会社から購入すると何かメリットがありますか?

当ページで説明している「クラウドアワード2023」や「ASP・SaaSの安全、信頼性に係る情報開示認定制度」の審査項目の中には、pCloudだけでなくノイテックス有限会社が独自に提供しているサービスに負うところも大きいため、万全の安全・安心を得るためにはノイテックス有限会社を介して購入することをお奨めしています。
具体的には、独自のサポート体制によりトラブル時の仲介役を果たしたり、日本向けの情報提供サービスやノイテックス独自の追加サービス、そして手数料負担のない日本円での決済が可能になることも大きいメリットです。
pCloudのサービスを最大限に活かす当社サービスを、どうぞご利用ください。
日本円で購入すると、手数料などが含まれていませんか?
日本語でサポートを受けられますか?

はい、日本語サポートに対応しています。
pCloud社内には、日本に留学経験のある日本語話者がいるので対応可能です。ノイテックス有限会社はもちろん日本企業なので、日本語ネイティブです。私たちは常に連携しており、昼夜を問わず最適なサポートサービスを提供しています。


多くのお客さまは、日中窓口が開いている私たちのサポートにご相談いただいています。内容次第でpCloud社側の担当者に引き継ぎを行いますが、その際もpCloud側とチャットやメールで対応を協議しながら進めているため、長引く場合はお客さまに進捗をお伝えしたり、細かな経緯をご報告するなど、行き届いたサービスが受けられます。

もちろんpCloud社に直接連絡しても日本語で対応されますが、細かな事情を伝えたり、日本側の慣習や伝える際のニュアンスなどをコントロールできる私たちを介した方が、安心対応に繋がっていると自負しております。