Affinity Publisher アフィニティパブリッシャー

Serif Europe SKU: Affinity-Publisher

⏳ あと {timer}でセールは終了します。今がチャンス!

Affinity Publisher
Affinity Publisher
Affinity Publisher
Affinity Publisher
Affinity Publisher

Affinity Publisher アフィニティパブリッシャー

Serif Europe SKU: Affinity-Publisher

⏳ あと {timer}でセールは終了します。今がチャンス!

通常価格 ¥7,000 特別価格 ¥6,899Save 1%
/
上記価格は税込です。
  • この商品はメールで届きます。
  • いつでも相談できます。
  • ご注文後の返品・返金はできません。

Affinity Publisher

Affinity Publisher
Affinity Publisherが使える印刷会社も増えてきています。

Affinity Publisherでも入稿引き受けてくれる印刷会社は徐々に増えてきています。
PDF形式でも受け入れてくれるところならほとんど問題なし、
PublisherやDesigner、Photoからai形式などに書き出したファイルでも問題なく引き受けてくれるところが増えています。

ほかにもAffinity Publisherには、 DesignerやPhotoを統合的に扱えるようになるStudioLink機能が搭載されています。StudioLink機能を使えば、手持ちのDesigner / Photoの機能を自由に切り替えて利用できます。

Affinity Publisherの登場により非常にシームレスに使えるようになりました。
ぜひお試しください。

現役のプロデザイナーが選ぶ性能

Affinity PublisherをはじめとするAffinityシリーズは、すでにプロの間でも広まっています。

Affinity Photo + Designerで活躍するプロデザイナーさん

グラフィックデザイナーや業務でバリバリグラフィックを作るなんていう人でなければ、Affinity Designer単体があれば一生使えるレベルで完成しているツールだと感じますが、各アプリの連携性を利用してより高効率・より良いモノづくりをしたいという方であればAffinity PhotoとAffinity Publisherを購入した方が圧倒的に楽しいしモチベーションが上がります。

Affinity Photoを利用するイラストレーターさん

CMYK変換は、メニューの「ドキュメント」から「フォーマット / ICCプロファイルを変換」から行っています。
よく使う設定は、この画像の通りです。「レンダリングインテント」を「知覚」にすることでPhotoshopのCMYK化に近くなっています。

国内印刷所の場合は、一般的に「Japan color 2001 Coated」が用いられています。
別途指定を頂いた場合は変更させていただきますが、この設定でCMYK変換したイラストで何かしらのリテイクを頂いたことはありません。

学校教育で採用している教員さん

Affinity Designerを使っている時の生徒の印象として、特に苦しんでいる様子はありません。
追加や、分割などのどれを使ったら望んだデザインになるか、などは悩んだりしますが、操作自体に苦しむということはあまり見られなかったと思います。
ほぼ、Affinity Designerがここを押したらこうなる、というように、直感的に操作できるからだと思います。

Affinity Publisherの購入方法について

ダウンロードGoGo!で販売しているAffinity Publisherは、Serif Europe社から提供を受けているものなので、ソフトの機能はまったく同一のものです。購入方法による違いはありません。サポートやユーザ登録等の点でも、購入先による差は一切ありませんのでご安心ください。

法人のお客さまで購入方法に制限があって……という場合は、当店のご利用が最適です。事前のお見積書の発行、ご請求書による支払いに対応し、Affinity製品のご購入に最も柔軟に対応しています。
これまでに地方自治体や国立機関をはじめ、大学、病院、一般法人まで幅広く対応してきました。日本で一番Affinity製品を売っている弊社だからこそ、安心してご利用いただけると自負しております。

Affinity製品のインストールについて

ご購入後、バウチャーコードとダウンロードURLをメールで送信します。
ダウンロードページにアクセスしてシリアルキーを入力すると、Mac版・Windows版を選択する画面になります。
どちらかを選べばプログラムをダウンロードできますが、以後の変更は利かないのでご注意ください。

Affinity製品のインストール台数(ライセンス数)について

Affinity製品のライセンス規約は非常に簡単です。
個人使用の場合、インストール台数は無制限です。ただ購入者1名が使用することを前提にしています。
法人利用の場合は、上記のように個人と同じく1人が複数台のパソコンにインストールするか、または1台の共有パソコンにインストールでき、メンバーの誰もが利用するかどちらかの形態を取ることになっています。

なお、ご購入後、最初のインストール時にWindowsとMacを選択します。この時選んだ方に固定されますので、1本のライセンスでWindows版とMac版を利用することはできません。必要であれば2本分のライセンスをお買い求めください。

あなたがライセンス規約を守ることで、メーカーの開発を支えることにもつながります。ぜひ末長い開発発展にご協力ください。

ダウンロードGoGo!でご購入いただくメリット

  • ダウンロードGoGo!は永久サポート、ずっと安心です。
  • メーカーから正規に許諾を得て販売しています。公式販売と同一商品です。
  • お支払いの方法が多彩です。お好きな方法でどうぞ。
  • お客さまの決済情報はメーカーには伝えておりません。個人情報も同様で、サポート等のやむを得ない事情以外では共有しないことにしています。漏洩リスクを極限まで減らせるよう配慮していますので、どうぞご安心ください。
  • メーカーが日本語で対応できない場合は、当店が仲介します。

動作環境

【Mac版】

  • Mac Pro、iMac、iMac Pro、MacBook、MacBook Pro、MacBook Air、Mac Mini
  • macOS 10.9 Mavericks以降
  • Intel 64ビットCore 2 Duo以上 (2007年以降)
  • 2GB RAM以上
  • 1.27GBのハードドライブ空き容量(インストール時はそれ以上の容量が必要)
  • 1280x768以上のディスプレイ解像度
  • 標準、Retina、拡張色域DCI-P3ディスプレイをサポート

【Windows版】

  • マウスまたはこれに相当する入力デバイスを備えたWindowsベースPC(64ビット)
  • Windows 10(1607 Anniversary Update以上) / Windows 8.1 / Windows 7(Service Pack 1、Aero対応)
  • 少なくともDirectX 10互換のグラフィックスカード
  • 2GB以上のRAM(4GB以上推奨)
  • 624MBの空き容量(インストール時はそれ以上の容量が必要)
  • 1280x768以上のディスプレイ解像度
{formbuilder:50532}

Customer Reviews

Based on 3 reviews
67%
(2)
33%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
A
A.T.
シリーズ3つ購入

Affinity DesignerとAffinity Photoを購入し、両方ともとても良かったのでPublisherも購入しました。使ってみて機能は十分で今のところ何も不満はないです。この価格でこれだけできるのは素晴らしいです。

レビューをありがとうございます。
3本揃うとなんか嬉しいですよね。特にPublisherには他の2本との連携を強化させる機能があるので、Affinityシリーズをさらに高い次元に引っ張っていってくれます。ぜひ活用してくださいね。

K
K.S.
Affinityシリーズ完結!

Affinity PhotoとAffinity Designerは使っていました。Publisherを購入して、シリーズ3つとも揃いました。Affinityはシームレスにアプリからアプリへ移動し、一つのデータを加工できるので大変便利です。日本語の縦書きに対応していないのは残念ですが、この値段で使えることがありがたいです。

レビューをありがとうございます!
Affinityユーザさんは3本全部手に入れたくなりますよね。特にPublisherの連携能力は素晴らしく、Affinityシリーズはこれで完成、という感じが強くなります。
ぜひ今後もご愛顧ください。

学志 浅野
Affinity Designer

ついにMacのOSアップグレードを決意!CS6を使用していることががアップデートの妨げになっていました。CSをアップグレードすればいいという話なんですが、どうしてもサブスクには抵抗があり、Adobeとの決別を決意しました。そこで見つけたのがAffinityシリーズ。この価格ですので、制限はあるのはしかたないかと思っていたのですが、ところがどっこい十分すぎます。これでOSアップグレードに着手できます!不満はありません。が、一つだけあるとしたら、Publisherにあるフォントマネージャーの搭載を期待します。

レビューをありがとうございます!
サブスクに抵抗感のある方は多いので、そういう方にAffinityシリーズは本当に助かりますね。ありがたいことです。
Publisherも、バージョンを重ねるごとに実用性が向上しているので、今後化けるんじゃないかと期待しています。ぜひ今後の展開にもご期待ください。


最近見た商品